ネットカフェのバイトはきつい?女性は危ない?面接や志望動機も解説

今回はネットカフェのバイトの副業について挙げてみたいと思います。

インターネットが誕生して以降、ネットカフェも今や街の中でもお馴染みの業態となっています。

単純に漫画を読みに行く人やPCで作業をする人・仮眠をする人やゲームをする人など、その利用目的は様々です。

またインターネットカフェでは副業としてアルバイトで副収入を得ている人もいます。

ネットカフェは24時間営業の店舗が多く、日中に本業を抱えている方でも取り組みやすいのが利点です。

今回はそんなネットカフェのバイトについて挙げてみます。

スポンサーリンク

ネットカフェのバイトの仕事内容は?

ネットカフェのバイトの仕事内容は様々ですが、主に「受付」「清掃」「本棚の整理」「調理」に分ける事が出来ます。

ここではネットカフェのバイトの各仕事について挙げてみます。

 

受付

まず受付としては来店した顧客にプランの説明や料金説明・ブースの空き席や利用方法などについて説明をします。

ソファーがリクライニングかどうか・カップル席か・ドリンクバーの利用方法・PC機器のゲーム使用やプリンタの使用方法等、店舗の全体的なシステムについて把握しておく必要があります。

また新規の顧客についてはブースまでご案内する事もあります。

現在では受付もタッチパネル操作も店舗が多くなってきましたが、受付はお店の顔でもあるため、丁寧な接客が求められます。

 

清掃

ネットカフェの清掃については、顧客が退店した後のブース内の清掃・店内清掃・トイレ清掃などがあります。

その他にも店舗によってはトイレやシャワールームなども清掃を実施します。

また空いた時間には床を掃除したり、利用客の使い終わったコップの洗いもの等も含まれてきます。

ドリンクカウンターなど、什器が置かれている店舗も多い為、什器内の清掃をする事もあります。

 

本棚の整理

本棚の整理としては顧客がブース内に置いていった漫画や雑誌を棚に戻したり、本棚がきちんと整理してあるかどうか確認をします。

特にジャンルや作者名などで区分けされている店舗が多いので、どの棚にどのような書籍が置かれているか・位置を把握しておく必要があります。

またネットカフェでは雑誌や漫画は毎月のように新刊が入ってくるので、その配置を決める事も仕事です。

 

調理

ネットカフェによっては調理を任される事もあります。

カップラーメンなど顧客がセルフで調理を行うものもあれば、顧客のオーダーによってスタッフが調理をする事もあります。

ですが冷凍食品を使用した簡単な調理メニューが多い為、すぐに慣れる調理のものがほとんどでしょう。

その他にもドリンクバーのドリンク補充などを行う事もあります。

 

ネットカフェのバイトでは難しい作業はありませんが、接客業であるため利用客が居心地の良い空間を過ごせるように配慮する必要があります。

また時間帯や曜日によって、忙しさがかなり変わってくる事もネットカフェバイトの特徴と言えます。

 

ネットカフェバイトの面接対策は?

インターネットカフェの求人はアルバイト情報誌やネット求人・店舗の求人ポスターなどから応募する事が出来ます。

ネットカフェの面接では、以下のような事を質問される事が多いでしょう。

  • 志望動機
  • 週のシフト希望日(何曜に入れるか等)
  • 土日祝の勤務は可能か
  • 接客・人付き合いは得意か
  • 漫画・ゲームは好きか
  • ウチの店は利用したことがあるか
  • 清掃に抵抗はないか
  • 連休・年末年始は出勤できるか
  • 学校(高校・大学)の授業との兼ね合い
  • オンラインゲームへの興味

 

ネットカフェのバイトの面接では、一般的なアルバイト面接で聞かれる質問の他にも、ゲームが好きかどうか・漫画が好きか・オンラインゲームの関心などを聞かれるケースも多くなります。

またネットカフェでは連休中なども利用客が多くなるため、年末年始やGWなどの出勤可否を質問される事もあります。

ネットカフェのバイト面接では質問にしっかりと答えられるようにしておきたいですね。

 

ネットカフェのバイトの志望動機はどうする?

ネットカフェバイトの志望動機はどのような文が考えられるでしょうか。

ここではネットカフェバイトの志望動機例を挙げてみたいと思います。

私は以前からオンラインゲームが好きで、趣味を活かしてアルバイトをしたいと思い、この度志望させて頂きました。

 

また休日に貴店を利用させて頂く機会があり、いつも丁寧に接客をしてくださる店員さんの印象が良かった事も応募のきっかけとなりました。

 

ネットカフェでのアルバイトは未経験ではありますが、以前のコンビニエンスストアでの接客経験も活かしていければと考えております。

 

仕事においては、土日祝や連休中の勤務も可能です。

 

接客や清掃など、お仕事には積極的に根気強く取り組んでいきたいと思います。

 

宜しくお願い致します。

私は学校帰りに貴店を利用する機会が多く、アルバイトを始めるにあたり馴染みのあるお店で働いてみたいと思い、この度志望させて頂きました。

 

普段から多くの漫画を読んでいますので、その知識をお仕事にも役立たせていけると考えております。

 

貴店では漫画コーナーがいつも整理整頓されていて、店内もいつも綺麗に清掃されているので、利用時の印象が良かったことも応募させて頂いた理由の一つです。

 

接客業は未経験ではありますが、持ち前の明るさでお客様に気持ちよく利用して頂ける接客を目指したいと思います。

 

宜しくお願い致します。

 

ネットカフェの志望動機は様々ですが、漫画やゲームが好きな事・お店の利用経験・接客業の経験の有無・お仕事への積極性など、前向きな内容を中心に考えるようにしましょう。

 

ネットカフェのバイトの時給は?

インターネットカフェのバイトの時給は日中であれば900~1000円前後の時給が多くなります。

店舗によって交通費もきちんと支給されます。

研修期間中は-50円程度となるネットカフェもありますが、仕事にはすぐに慣れるでしょう。

例えば週末2日だけ1日5時間程度勤務をしたとすると月に4万円程度の副収入にはなりますので副業としても成立はします。

 

また深夜勤務であれば1200円~の時給設定となっている事が多く、深夜のシフトに入ればさらに収入は増します。

深夜時間帯は来店客が少ない店舗も多く、宿泊代わりに利用している客や終電を逃したサラリーマン等を除いては暇な時間帯が多い為、副業として考えるのであれば深夜時間帯も検討したい所です。

スポンサーリンク

ネットカフェのバイトは高校生もできる?

ネットカフェのバイトの中には高校生もOKとしている店舗も中にはあります。

ネットカフェでは大学生やフリーターが中心となりますが、高校生が勤務しているケースもあります。

もちろん高校生は夜22時以降のアルバイトは出来ませんが、夕方であったり土日祝の日中であれば勤務が可能な所もあります。

 

ですが多くのネットカフェでは未経験可と記載されていても「大学生~」「18歳以上~」と記載されている店舗も多いです。

高校生可の求人は少なめかもしれませんが、どうしてもネットカフェでバイトをしたいのであれば根気強くお仕事を探せばお仕事は見つかるかもしれません。

その他にもアルバイトはたくさんありますので、自分に合ったバイトを見つけるようにしたいですね。

ネットカフェのアルバイトが難しいようであれば、カフェ・喫茶店のアルバイトも検討できます。

関連記事:カフェのバイトのコツ。面接前と採用後に覚えておく20の事

 

ネットカフェのバイトは女性もできる?

ネットカフェのバイトはもちろん女性もできます。

実際に多くの店舗で女性スタッフが勤務しています。

 

ですが注意点があるとすれば深夜勤務です。

特に夜間帯は客層も違いますし、時には絡んでくるような人もいます。

特に1人体制のネットカフェとなると、女性スタッフに危険が伴うことも考えられます。

また店舗側としても夜間帯は女性スタッフを配置しないようにしている店もあるでしょうし、日中勤務をお願いされる事もあるでしょう。

どうしても深夜勤務を希望するのであれば、複数名で勤務する店舗や、治安の良いエリアなど、安全性が確保しやすい店舗を選ぶのも一考です。

 

またネットカフェバイトでは清掃が避けられず、特に長時間お客さんがブースにいた場合には室内がかなり汚れている事もあります。

中にはネットカフェが寝泊りの場となっている人もいます。

そのため神経質な方だと、清掃業務などに苦手意識を持ってしまう事もあるでしょう。

 

ネットカフェでバイトをするメリットは?

ネットカフェでバイトをするメリットにはどのような事があるのでしょうか。

幾つかネットカフェバイトのメリットを挙げてみます。

  • 店舗によっては暇でラク
  • 共通の趣味の仲間ができやすい
  • 社割(従業員割引)が使える
  • 休憩中にマンガが読める
  • 1人体制ではコミュ障の方も
  • ドリンクバーが飲める
  • PCに詳しくなる
  • 深夜は稼げる

 

ネットカフェのバイトのメリットは幾つかありますが、やはり仕事内容が比較的ラクであったり、漫画が読めるという点が大きいでしょう。

特に普段からゲームや漫画が好きな方にとってはメリットが多く、やりやすい環境のように思います。

 

ネットカフェバイトで忙しい時はいつ?

ネットカフェバイトで忙しい時間帯は「夕方」の時間帯です。

17時~23時頃になると帰宅時のサラリーマンや学校帰りの学生などが多く来店するので一番忙しい時間帯となります。

午前中や午後はお店の立地にもよりますが、モーニングや清掃作業で忙しくなる事もあります。

 

また曜日によっても忙しさは異なり、特に週末や連休中はどのネットカフェでも忙しくなってきます。

逆に一番ラクなのはやはり深夜時間帯が多いです。

忙しい時間帯を避けるスタッフさんもいるようですが、採用を優先的に考えるのであれば忙しい時間帯シフトにも積極的に出勤したいですね。

関連記事:夜・深夜にできる副業バイト22選

 

ネットカフェのバイトは副業向き?

インターネットカフェの多くは24時間営業の店舗が多く、深夜でも営業をしています。

そのため本業を抱えている人でも夕方~深夜にかけてアルバイトをする事ができ、副業向きとも言えるでしょう。

 

またインターネットカフェは週末に混み合う事が多く、土日を中心に求人募集をかけている店舗も多くあります。

そのため平日に仕事をしているサラリーマンやOLさんでも副業としてネットカフェを仕事にしている人はたくさんいます。

ネットカフェではシフト制を敷いている店舗が多い為、自分のスケジュールに合わせて仕事を入れやすいアルバイトでもあります。

 

また店舗にもよりますが、基本的にはハードワークが少ないため、本業の仕事後でも取り組みやすい仕事と言えるでしょう。

空いた時間を利用して新刊の漫画を読めたりネットサーフィンができるなどのメリットもあるので、普段から漫画やPCが好きな人にとってはうってつけの副業とも言えます。

ですが店舗によっては忙しい所もあり、特に駅前の店舗や座席数が多い店舗・繁華街の店舗は来店客数が多い傾向があります。

事前に顧客として店舗に足を運んでみてから判断をしてみても良いでしょう。

 

ネットカフェバイトのきつい所は?

ネットカフェバイトのきつい所は、まずその利用客層が挙げられます。

人によってはブース内でもうるさくしたり、室内を汚して清掃に時間がかかる顧客・カップルで性行為におよんでしまう顧客など様々な客層がいます。

またクレーマー客には対応に困る事もありますし、連日のように宿泊する顧客には中には不審に感じられる顧客もいたり等、スタッフとして対応には慎重さが求められます。

 

また清掃においても漫画をブース内に置きっぱなしであったりティッシュやゴミが散乱しているケース・ジュースをこぼしていたりする事もあり、清掃にも時間がかかり、きついと感じることもあるでしょう。

またトイレ等は汚物が置き去りになっている事もあったり、シャワースペースでは細かく清掃が必要になったりと、大きな店舗では清掃業務が大きな負担になる事もあります。

 

またブース内で盗難があれば顧客とのトラブルになる可能性もありますし、調理をするにもやはり衛生面に注意しなければならない等、ネットカフェならではの細かい大変さがあります。

 

またネットカフェバイトでは、同じシフトに入る同僚同士とのコミュニケーションを取る機会も増え、人間関係も重要になってきます。

特に空いた時間では店のバックヤードで同僚同士で談笑をするようなケースもあります。

そのため人間関係が苦手な人だとバイトがきついと感じる事もあり、その場合には逆に忙しい店舗を選んだり1人受付の店舗を選ぶなど、店舗選びにも工夫が必要になります。

 

ネットカフェのアルバイトまとめ

ネットカフェのバイトについて幾つか挙げてみました。

ネットカフェにも幾つか大変な所はありますが、それでも比較的人気が高いお仕事です。

一度求人をかければ数倍~数十倍の求人倍率になってしまう事も珍しくはありません。

副業としてネットカフェを考えるのであれば、まずは幾つかの店舗にエントリーをしてみるのも良いかもしれませんね。

 

またカフェや漫画喫茶のアルバイトを探すのであれば「マッハバイト」がお勧めです。

採用が決まると最大1万円のお祝い金が全員にもらえ、求人数も多いので自分に合ったお仕事が見つかります。

最短で出勤日の翌日に振込されるので、金欠の時にも便利です。

せっかくアルバイトを探すのであればお得なサイトを利用したいですね。

マッハバイト公式サイト

ネットカフェのバイトに興味がある方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

今回はインターネットカフェのアルバイトについて挙げてみました。

スポンサーリンク