ペットシッターバイトの副業とは?資格は必要?トラブル内容も解説

今回はペットシッターのアルバイトの副業について挙げてみたいと思います。

ご存じの方も多い通りペットシッターは犬や猫などの動物のお世話をする仕事です。

ペットシッターを本業で行っている人もいれば副業的に行っている人もいます。

近年では動物を飼う人が年々増えてきており、未婚者の増加や高齢化社会が進むに連れて増々ペットを飼う人は増えていくと思われます。

また少子化に連れて子供がいない代わりにペットを飼うといった世帯も増えてきているのが現状です。

スポンサーリンク

ペットシッターのバイトの仕事内容は?

ペットシッターのバイトの仕事内容は飼い主の留守中などにペットのお世話をする事が仕事です。

まずお仕事の受注を受けたらそのペットについて大きさや種類・餌などについてヒアリングを行います。

そして基本的には飼い主の自宅でお世話をし、ペットの食事・トイレ掃除・散歩などを行うことになります。

 

ペットの食事としても普段から何を食べているのか確認しますし、お散歩のコースなどもヒアリングします。

またその他にもペットの遊び相手になってあげる事も必要であり、動物が好きな人にとっては向いている仕事と言えるでしょう。

ただしもし留守中にペットが病気になってしまった場合などを考えて、緊急時にどのような対応をすれば良いか・普段通っている動物病院や部屋内の空調温度など、あらかじめ飼い主に確認をしておく事も必要になります。

 

飼い主が留守にする際にはペットホテルやサロンにペットを預けることも出来ますが、やはり自宅以外の環境だと動物が体調を崩してしまう可能性もあり、慣れ親しんだ自宅でお世話をしてくれるペットシッターが必要になります。

また飼い主にも様々な都合があり、例えばGWや夏休みなど長期休暇を取る際にも、ペットを飼っていると旅行をする事が難しい場合もありますし、遠出をするのが困難な場合もあります。

そんな時に信頼のおけるペットシッターがいる事で飼い主としてはとても助かりますし、肝心な時にも心強いものです。

安心してお仕事を任せてもらえるようになると、その後も継続的にリピートしてもらいやすいのもペットシッターバイトの特徴の一つと言えるでしょう。

 

ペットシッターのバイトの給料・報酬は?

ペットシッターのアルバイトは基本的には飼い主が留守の時に必要なため、やはり土日祝日・GW・年末年始・お盆などに仕事が集中することになります。

そのため本業を抱えているサラリーマンや主婦・OLさん等でも休みの日だけ副業的にペットシッターをしているという人もいます。

ペットシッターをやるには自分でシッター業を立ち上げるという方法もありますが、その他にもシッター会社にアルバイトとして入社をするという方法もあります。

 

自分で独立して報酬を得る場合には一時間のシッティング料金は2500~3000円程度が一般的で、アルバイトシッターの場合には時給で1000円前後の求人が多いでしょう。

また大型連休の場合には割増料金を設定している所などもあります。

例えば1時間のシッティング料金を2500円と考えると、午前中の3時間を土日だけペットシッターの仕事を行った場合には、月に6万円程度の副収入になりますので副業としても成立します。

アルバイトとしてでも時給1000円前後はもらえますので、お小遣い程度の副収入にはなります。

 

また独立して人を雇用し展開をしていけば更に事業の規模を広げていく事も考えられます。

飼い主がペットシッターを探す場合には、現在ではインターネットを始め、近所のお散歩仲間に情報を聞いたり動物病院やペットショップの伝手を聞く・ブリーダーやトリミングサロン経由での紹介からシッターの仕事を受注する事もありますので、多くの提携先を持っておくことも仕事を拡大していくコツと言えるでしょう。

スポンサーリンク

ペットシッター開業に資格は必要?

ペットシッターとして独立開業する場合には、「動物取扱業」の登録申請が必要になります。

また動物取扱責任者としての要件を満たすためには、以下のいずれかの条件に該当している必要があります。

  • 半年以上の実務経験があること
  • 動物について学べる専門的な学校を卒業していること
  • 動物に関する資格を取得していること

また資格取得者になるには、動物取扱責任者研修の受講も義務付けられます。

ペットシッターというのは動物の命を預かる重大なお仕事ですので、上記のように専門知識や専門技術を持つことを証明する必要がある事を覚えておきましょう。

 

また無事に開業ができたとしても、それだけでは事業として成り立ちません。

そもそも開業前には資金を用意しなければなりませんし、開業エリアでペットシッターとしてのニーズがあるかどうかの調査も必要です。

各エリアでペットを飼育している世帯数や家族構成なども調査対象に含まれてくるでしょうし、他社が該当エリアを商圏に含んでいるか等の調査も必要です。

 

また現在では数多くのペットシッター会社があるため、他社との差別化も考えなくてはなりません。

例えば女性顧客でも安心してスタッフを自宅に入れられるように女性スタッフで対応したり、深夜や夜間でも対応可能なシッターを配置する等、自分なりのコンセプトを持って開業をした方が良い場合もありますし、シッター業だけでなくペットグッズの販売やペット保険販売まで兼業する方法もあります。

もしくは犬や猫などの他にも、ウサギや爬虫類や鳥など他のペットに特化したシッター業などを検討する事もできますし、トリミングやサロン等との兼業でシッターを組み合わせるビジネスを展開する会社もあるでしょう。

 

ペットシッター業の場合にはとにかく愛犬家たちの間でのクチコミも普及しやすい業態と言えるので、1件1件の仕事を丁寧にこなしていく事がペットシッター業の受注を増やしていくコツと言えます。

ペットシッターとして独立開業する場合には資格や登録だけでなく、その後の事業展開もじっくりと検討していく必要があります。

 

ペットシッターのバイトのトラブルとは

ペットシッターのアルバイトをする上では、トラブルも想定しておかなければなりません。

飼い主さんとしてはペットシッターに依頼をする事で不安を抱える事は多いですが、逆にペットシッター側としても個人として仕事を引き受ける場合には相応のリスクが生じます。

ペットシッター関連で想定されるトラブルとしては以下のような事が考えられます。

  • ペットがストレスを感じないか
  • ペットが虐待を受けていないか
  • きちんとお世話をしてくれているか
  • ペットが逃げてしまわないか
  • 家の中の盗難被害に遭う可能性
  • 自宅の物が勝手に使用された(家電等を壊された)
  • 勝手に合鍵を作られるのではないか
  • 追加料金を取られるのではないか
  • 料金を支払ったのに当日にシッターが来ない
  • 盗聴器など家の中にイタズラされる不安
  • 正規の動物取扱業者ではない
  • 業者のHPにペットの写真が勝手に掲載された
  • 業者側が保険に加入していない
  • 信頼していたシッターが突然いなくなる事(少数運営の会社も多い為)

 

上記は一例ですが、飼い主側としてもペットシッターに対して様々な不安を抱えているケースがあります。

もちろんシッティングをする時には契約書を作成し細かな打ち合わせをする事が前提ではありますが、それでもトラブルを防止できない事もあるでしょう。

個人的にはペットシッターで大切な事は、サービス内容や料金よりもそのシッターの「人柄」に尽きると思います。

アルバイトであったとしても、安心して任せてもらえるようなペットシッターを目指したいですね。

 

ペットシッターのバイトのつらい所は?

良い事づくめのペットシッターのアルバイトのようにも見えますが、やはり難点もあります。

まずは飼い主との人間関係の構築が難しい所です。

ペットシッターとしては純粋にペットのお世話をしたいという気持ちであったとしても、飼い主からしてみればそのシッターは最初のうちは見ず知らずの他人です。

留守中に自宅に入ってもらってお世話をしてもらう訳ですから、信頼のおけるシッターでないと自宅に上がらせたくないというのが飼い主側の本音ではないでしょうか。

例えば「ペットに暴力を振るわれるのでは?」「家の中の金品を持ち出しされるかも」と躊躇してしまう飼い主もいるかもしれません。

先ほども挙げましたがペットシッターは飼い主との信頼関係が大切で、一度安心してペットを任せられる信頼を築けたシッターにはその後も依頼が入り易いという特徴もあります。

 

またペットシッターとして大切なペットを預かる訳ですから、ペットに万一の事故があった時などは賠償請求される可能性もありますし、逆に大型のペットの場合にはシッターが怪我を負わされる可能性も考えられます。

緊急時の対応はあらかじめ考えておく必要があり、例えば保険を掛けておいたり契約書に事故時の条項を盛り込んでおく等の事前の対処策が必要となります。

またペットシッターとしてどこからどこまでの範囲のお世話をして良いのか、事前に飼い主としっかりとその線引きを明確にしておく事もトラブル防止に繋がります。

ペットシッターとして動物のお世話をするという事は楽しいお仕事でもありますが、それ以上に責任感が伴う仕事である事を認識しておく必要があります。

今回はペットシッターの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク