カメラマン撮影代行の副業

今回はカメラマン撮影代行の副業について挙げてみたいと思います。

趣味でカメラを持っている人・プロとして撮影をしている人など、様々なカメラマンが

います。しかし仕事として行っていない限りは撮影をしてもお金にはなりにくいものです。

とは言っても撮影を代行して欲しいという現場は様々な所にあります。自分が取った写真が

副業になれば趣味と実益を兼ねた仕事になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ネットオークション等の商品撮影の代行

現在ではAmazonや楽天のオークションに個人でも参加ができる時代になりました。

商品さえ所有していれば誰でもネット上で販売をする事ができます。またAmazon等のショッピング

サイトだけではなく自分でカラーミーやBASEでHPやサイトを立ち上げて、商品を販売している人も

います。これらのネット上での販売は商品があれば誰でも販売は出来ますし、商品説明分も色々なサイトから

情報を収集できるので素人でも簡単に書くことが出来ます。しかし素人出品者がどうしてもネックになる

のは「商品撮影」です。商品撮影に関しては素人が行うとどうしても画像に影が出来たり商品の質を表現

できない・背景の白抜きが難しい・画像が素人っぽくなってしまう等、様々な苦悩が発生します。

特にAmazon等では背景白抜きがルールになっていますし、楽天等でも他の出品者は事業ベースで行って

いる事が多くプロ並みの商品写真を提供しています。個人がプロ並みの写真を撮影する事は難しく、

とは言ってもいまから写真撮影のイロハから学んでいる時間もありません。

そんな時に撮影代行の副業が役に立ちます。商品だけを出品者から郵送で送ってもらい、その撮影を

代行するという副業です。撮影の雰囲気や方法はある程度出品者から指示をもらう必要はありますが、

撮影が得意な人はこの副業であれば個人で始めることも可能でしょう。今でもこのような業務を

請け負っている会社は確かにありますが、大手でも大抵は5~7カット1000円~程度と、

薄利でネット転売をしている個人の出品者からしてみれば気軽に依頼できるといった料金設定では

ありません。もう少しクオリティを落としても良いから、低料金で撮影をして欲しいというニーズは

あるように思います。個人の副業ならではの低料金で、顧客のニーズに合わせた写真撮影を請け負う

事は可能かと思います。またもう少し資金的に余裕があればモデルを使用したりホームページ用の

画像を提供サービスも考えられるかと思います。また本業を抱えている人であれば土日だけ撮影を請け

負うなど、その人のスケジュールに合わせて行う事も検討できる副業でしょう。

写真を売る副業

自分の撮った写真をそのままアルバムに保管しておくのも良いですが、それをお金に換えるといった

副業もあります。例えばピクスタ等はプロだけではなくアマチュアカメラマンも多く登録している

写真素材サイトですが、自分の撮影した写真をピクスタに登録し、その写真が売れると一定割合

の報酬がカメラマン側に支払われるといった仕組みです。ピクスタの中でトップクリエイターにもなれば

サラリーマンの平均年収も余裕に超えるほどの報酬を受けているカメラマンもいるようです。今ではHPや

ブログ等を始め、企業の商用サイトで写真素材を必要としている所は多くあります。しかし画像を他社の

サイトから勝手に盗用する事はもちろん出来ませんし、自社で綺麗な写真を撮影するのにも技術や手間が

かかるので、このような素材サイトの写真を利用する事になります。特にピクスタは写真登録数がかなり

多く、国内の素材サイトでも有名です。具体的にカメラマンに入る報酬としては写真が1枚売れると

その販売価格の22%~42%の報酬がカメラマンの報酬として入ってきます。例えば1000円前後の

写真が売れれば200~400円前後の報酬が入ってくる事になります。また販売数が増えれば増えるほど

ランクが上がっていきコミッション率も上がる為、長期的に副業として取り組みたい人にとっても向いている

と言えるでしょう。写真販売で稼ぐにはやはり企業間で今どのような写真にニーズがあるのかを考える事が

大切です。また写真を撮影するとしてもどのような企業がどのようなシーンで利用する事を想定して撮った

写真なのか、そのイメージが鮮明に伝わり易い写真を撮り続けていく事が基本になってくるでしょう。

またその他にも自分でサイトを立ち上げる力量がある人であれば、写真の素材サイトを自ら立ち上げて

しまう事も考えられます。自分で撮り貯めた写真を次々にサイトにアップしていき、サイトの構成から

SEO・集客面まで一から自分で組み立てていく方法です。報酬としてはサイトに広告を掲載し広告収入も期待

出来ますし、顧客からの販売に対しての売上げも考えられます。

思い出を作る撮影代行の副業

カメラマンとしてのプロの撮影が必要とされるシーンは意外に多くあるものです。

例えば単純な所で言えばイベントシーン等では撮影のニーズが多くあります。結婚式・パーティー・卒業式・

入学式・運動会・発表会など思い出になるシーンの場では写真撮影の機会が多くあります。

しかし一般の方がカメラマンに依頼するとなると敷居が高く、また料金も高額になりがちなのが特徴です。

そのため副業的にアマチュアカメラマンでも入り込む余地があるとも考えられます。

また一般の方々が依頼しやすいように時間単位での料金制にするとか、枚数毎に料金設定を変えるなど、

シーンに合わせて必要なだけの撮影を提供するスタンスが副業としても適しているでしょう。

また好都合なのはこれらのイベントは特に土日祝日に集中する事が多く、本業を他で抱えている人でも

副業として取り組みやすい事が挙げられます。最初のうちは友人・知人の依頼から始めていっても

良いですし、ブログやSNS・インスタ等で告知をしていく事も考えられます。この類の副業は口コミで

波及しやすいので長く続けていけばリピーターが付いてくる事もあるでしょう。週末だけ副業に取り組みたい

という人にも向いている仕事かと思います。

カメラマンと言えばその他にも幾つかの副業が思いつきますが、本業に支障が出ない程度に自分のペースで

できる仕事が良いですね。自分のやり易い方法で写真撮影を副業にしてみてはいかがでしょうか。

今回はカメラマンの副業について挙げてみました。

スポンサーリンク